菊・瑠璃・茜 3姉妹のゆる-いブログ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

profile
categories
selected entries
new entries
recommend
archives
comment
link
sponsor
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
小説8


JUGEMテーマ:連載




「daisy ハッタ、マエハラ?」
暖は、自分の寮の部屋に来ていた。

ガチャリ
どうやら暖が一番乗りのようだ。
荷物を置き、窓に近づく。
「・・・ん、見えない。さくら」

カチャ
誰か入ってきた。
『きれいな部屋!』
(いきなり大声出すなんて…、うるさいな)

--------------------------------------------------

『んじゃ、次・・・、篠田さん?どうぞ。』
と、自分の自己紹介が終わった奈菜子は言った。

「ん。私、篠田暖」

『えっ、えーーー!?それだけ?』
思わず寧々は、突っ込んでしまった。
「・・・んじゃ、何、聞きたい?」
『え、えーとぉ…』
寧々は内部の噂で、暖のことを多少は知っていたので、
口ごもってしまった。
口を開いたのは、奈菜子
『はい、はーい!どこ出身ですか〜?』
「、イギリス?」
『何で、疑問形なの;』
あぁ、また突っ込んでしまった…と、寧々
「あっちでは、そう言わない」
『そうなんだー。それにしても、篠田さん、日本語上手だね』
と、奈菜子
「両親は、日本人。それに、教えてもらった」
『あ…、何て呼んだらいい・・・かな?』
少々気まずそうに、寧々は聞いた。
「私?・・・しの」

『ふ〜ん。じゃ、最後に前原さん、どうぞ』
と、奈菜子は促した。
17:31 * - * - FTノベル
スポンサーサイト
17:31 * - * - -

<< Next   /   Prev >>